マリア・ラシツケネ(走り高跳び)のインスタ画像が美人すぎる!結婚した夫の顔画像は?

マリア・ラシツケネはロシア国籍で中立選手(ANA)として競技に出場する、走り高跳びの選手です。

この記事では、走り高跳びのマリア・ラシツケネ選手のプロフィール、インスタとツィッターの画像ご主人の画像をまとめています。

マリア・ラシツケネのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

IAAFさん(@iaaf_athletics)がシェアした投稿


プロフィール
氏名 マリア・アレクサンドローヴィナ・ラシツケネ(Mariya Aleksandrovna Lasitskene)
国籍 ロシア
競技には「中立選手(ANA)」として出場
出身 ロシア カバルダ・バイカル共和国
年齢 1993年1月14日生まれ 26歳
身長 180㎝
体重 57kg
旧姓 クチナ(Kuchina)
結婚 2017年3月17日

マリア・ラシツケネの主な競技成績

主な国際競技会の成績
2010年 17歳 ユースオリンピック1位 1m86
2011年 18歳 世界ジュニア記録を更新 1m97(モラヴィアハイジャンプツアー)
2013年 20歳 夏季ユニバーシアード 2位
2014年 21歳 夏季ユニバーシアード 1位
2015年 22歳 世界陸上北京大会1位
2017年 24歳 世界陸上ロンドン大会1位
2018年 25歳 ヨーロッパ選手権大会1位
2019年 26歳 世界陸上ドーハ大会1位

中立選手とは
ロシア陸上競技連盟の組織的なドーピング問題により、ロシア人の陸上選手や重量挙げの選手100人以上が、2016年のリオオリンピックで出場禁止になりました。
ラシツケネ選手もその1人でした。

今もその処分は解かれず、ロシアは国として競技会に出ることが認められていません。

ロシア人選手の中で、国際陸連が決めた一定の条件を満たし、個人として競技に参加することを認められた選手だけが
「中立選手」という立場で競技への出場が認められています。

ラシツケネ選手も「中立選手」として競技に参加しているので、国名の代わりに「ANA」(Authorised Neutral Athletsの略)と書いてあります。

中立選手は、優勝して表彰台に立っても、ロシア国旗が上がることはなく国歌を歌うこともできません。

パーソナルベスト
2017年 2m06(屋外記録)
2018年 2m04(室内記録)

現在、国際競技連盟による世界ランキングでは、女子走り高跳びで1位にランクされています。

世界中で美人の評判が高いマリア・ラシツケネのインスタ画像

照れてるのがかわいい!

記事の最後にもう1枚超かわいい動画があります。見てくださいね!

遠征は大変
「エアコンの隣で3人か4人が煙草を吸うようなにおいがするホテルに住むのは慣れない」とツイートしています。
遠征続きは疲れるでしょうね。
表情が遠くを見ているような気がします。

ラシツケネ選手を追うのはこの選手
ユリア・レフチェンコ(ウクライナ走り高跳び)のインスタ水着画像がヤバイ!経歴もチェック!

 

結婚したお相手はイケメン?国籍や職業は

結婚したお相手は、
ロシア国籍ウラダス・アレクサンドロビッチ・ラシツカスさんです。

1981年7月28日生まれの38歳。
マリア・ラシツケネ選手より12歳年上です。

ツイッターのプロフィール写真はキャップをかぶって、ちょいワルおやじ風かな?

職業はスポーツジャーナリストで、自身のツイッターには、テニスコメンテーターと出しています。

結婚式の写真、カップルでいる写真ここをクリックしてね!沢山見られます。

ウラダスさんのツィッターには、リラックスしたラシツケネ選手の表情が見られました。

お食事中

疲れているのかな?
顔が見えないのですが、プライベートの様子が垣間見えます。

こんなリラックスしたお茶目な表情を初めて見た!

マリア・ラシツケネ選手のまとめ

ラシネツケ選手は、2017年にユースオリンピックで金メダルを獲得して以来、世界をけん引するハイジャンパーです。

世界陸上2019ドーハ大会でも優勝し、世界陸上で3勝している実力者のマリア・ラシツケネ選手ですが、
ロシア陸連のドーピング問題でリオオリンピックに出場できず、とても悔しい経験をしています。

2017年3月にスポーツジャーナリストで12歳年上のウラダス・アレクサンドロビッチ・ラシツカスさんと結婚して2年半経っています。

世界大会で優勝を続け、24歳で結婚し、SNSで幸せそうな表情も見せるマリア・ラシツケネ選手ですが、試合で世界中を回る大変さも感じられます。

中立選手という立場や、優勝への期待で、ストレスやプレッシャーが大きいと思いますが、スタジアムでも、もっともっと笑顔が見たいなーと思いました。

頑張れ!ラシツケネ選手!

お読みくださり、ありがとうございました。