シェリーアン・フレーザープライスの出産後の現在の成績がスゴイ!生い立ちと経歴は?

ジャマイカ代表でオリンピックの100mで連覇を果たしたシェリーアン・フレーザープライス!

この記事では、シェリーアン・フレーザープライスの、出産後の競技成績や、困難を乗り越えてきた生い立ちと、マルチな経歴をインスタ画像で紹介しながらまとめています。

シェリーアン・フレーザープライスのプロフィール

プロフィール
 ジャマイカ
年齢1986年12月27日生まれ32歳
出身ジャマイカ キングストン
身長152㎝
愛称ポケットロケット

フレーザープライスの現在の競技生活と成績

 

この投稿をInstagramで見る

 

SFP (Mommy Rocket)さん(@realshellyannfp)がシェアした投稿

出産後21カ月で横浜で行われた世界リレー2019に出場。3位!

ダイヤモンドリーグのロンドン大会
出産11か月後に10.98!
ロンドンでは、出産23か月後で10.74秒を出し優勝!

ジャマイカ色の髪
いつも笑顔ですね。
家族やジャマイカの人々、志をもって前に進もうとしている人々への愛情にあふれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SFP (Mommy Rocket)さん(@realshellyannfp)がシェアした投稿

ウサインボルトと記念撮影

 

この投稿をInstagramで見る

 

Digicel Jamaicaさん(@digiceljamaica)がシェアした投稿

フレーザープライスの経歴と実績(競技以外)

ロケットマム

2017年の8月に男の子を出産し、ママになりました。
自らをロケットマムと呼んで、息子のZyon(ジオン)君の成長を自分の力にしながら競技も頑張っています。
Zyon君とビーチへ

 

この投稿をInstagramで見る

 

SFP (Mommy Rocket)さん(@realshellyannfp)がシェアした投稿

Zyon君の2歳の誕生日
一緒に写っているのは10歳年上のご主人ですね。
結婚した時はサッカー選手でした。現在はの職業はわかりませんでした。
42歳なので選手は引退しているのでは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SFP (Mommy Rocket)さん(@realshellyannfp)がシェアした投稿

美容関連会社のCEO!
2014年、キングストンに美容院を開いていたシェリーアン・フレーザープライスは、経営の規模を拡大していました。

ブランド名は“レディー・シェリー”

オーガニックの美容製品の販売や、ヘアの他、マッサージやネイルも提供する美容院を展開しているようです。

会社でお仕事
フレーザープライス選手らしいヘアでCEOのお仕事をしていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

876NOW!さん(@876now)がシェアした投稿

”レディー・シェリー”製品”
看板にはフレーザープライス選手の写真が出ていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lady Shelly Beautyさん(@ladyshellybeauty)がシェアした投稿

サロン”レディー・シェリー”の広告

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lady Shelly Beautyさん(@ladyshellybeauty)がシェアした投稿

アスリートの支援をポケットロケット財団を設立

財団の設立者で、財団の顔となっているフレーザープライス

財団設立者らしいメイクにしていますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Pocket Rocket Foundationさん(@sfppocketrocketfoundation)がシェアした投稿

財団では、アスリートを経済的に援助
志があるのに経済的に恵まれない若いアスリートに、授業料だけでなく交通費や昼食代まで含む奨学金を出しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Pocket Rocket Foundationさん(@sfppocketrocketfoundation)がシェアした投稿

世界陸上のライバルはこの選手
ディナ・アッシャースミス(100m)のインスタ画像がかわいい!経歴もチェック! オリンピック連覇の偉業をたたえた銅像

ジャマイカの誇りであり人々の希望
貧しさに負けず努力してオリンピック連覇者となり、更に多くの人のために努力するフレーザープライス選手はジャマイカ国民の尊敬を集める存在になっています。
銅像まで建つのは日本の国民栄誉賞を超えている!
除幕式にはジャマイカの首相が出席しています。

ますます頑張って欲しい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

SportsMax TVさん(@sportsmax.tv)がシェアした投稿

フレーザープライスの生い立ち

幼少時代は、ジャマイカの首都キングストンのスラム街に住み、大変貧しかったそうです。

勉強はできたけれど、お金がないので進学をあきらめかけました。

ところが、資産家の女性が表れて必要な費用を出してくれて学校に通うことができたそうです。
まるで足長おじさんですね。

その経験が、財団の設立に結びついたと言えるでしょう。

陸上競技も、身長が低いため短距離でこのよいな成果が出せるとはだれにも期待されませんでした。

様々な試練を乗り越える努力を重ねてここまで来たのが、シェリーアン・フレーザープライス選手です。

1986年  0歳 ジャマイカの首都キングストンに生まれる
スラムで貧しい生活を送る
2002年 15歳 授業料が払えず進学を断念するところを、資本家の援助を得て、進学・卒業を果たす
2003年 16歳 ジャマイカの全国高校選手権に出場。100mで7位入賞

2006年 19歳 ジャマイカ工科大学入学

2008年 21歳 大学の陸上クラブで本格的に陸上競技を始める

北京オリンピック100m1位

2009年 22歳 100mのジャマイカ記録を13年ぶりに更新

2010年 23歳 歯痛で飲んだ鎮痛剤がドーピング陽性反応となり、2011年1月まで6か月の出場停止処分

2011年 24歳 結婚。相手はサッカー選手

2012年 25歳 ロンドンオリンピック100mで1位。連覇を飾る。200mで2位

2013年 26歳 世界陸上モスクワ大会でで100m、200m、4×100mリレーで3冠を達成

ポケット・ロケット財団設立

2014年 27歳 キングストンに美容院をオープンさせる

2015年 28歳 世界陸上北京大会 100m1位

2016年 29歳 リオオリンピック 100m3位

2017年 30歳 男児出産

2018年 31歳 競技復帰

シェリーアン・フレーザープライスのまとめ

★32歳で出産を経た今も、世界大会で優勝する力を持っていて、今後の活躍が期待されます。

2歳になる男の子と夫に愛情を感じ、子供の成長に励まされながら競技生活を送っています。

★美容製品と美容院のブランド”レディー・シェリー”のCEOを務めています。

ポケット・ロケット財団を設立し、経済的な援助を必要とする若いアスリートに奨学金を出し援助しています。

★子供の頃の貧しい生活を乗り越えたフレーザープライス選手は、ジャマイカで人々に希望を与える存在として尊敬されています。

幼い頃の自分の境遇の辛さや、援助してくれた人への感謝を忘れず、今度は自分が人の役に立とうとするフレーザープライス選手が国民に愛されるのが良くわかります。
それにしても、活躍がマルチで気力とパワーが凄い!

いつも笑顔のフレーザープライス選手。
これからも、前向きな姿を見せて欲しいです。

頑張れ!フレーザープライス選手!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。