美人アスリートのオリンピック延期の反応は?ウクライナなど各国選手の画像と共に調査!

コロナウィルス感染拡大で東京オリンピックの延期が決定しました。各国選手はどんな反応でしょうか?この記事では、ウクライナなど各国の美人選手の反応を画像とともにまとめました。

カタリーナ・ジョンソン・トンプソン(英/7種競技)

今までオリンピックを8年間待っていたのだから、この壮大な計画において後1年待つことがなんだというのか。!アスリートとしてオリンピックが2021年まで延期されることは悲痛なニュースだけれど、正当な理由とすべての人の安全のためです!すべての準備に時間をかけて、皆さんが安全で屋内に留まることを願っています。

KJTはオリンピックに2度出場していますが、メダルを獲得していません。8年間待っているというのは、メダル獲得のことを言っているんでしょうね。

カタリーナ・ジョンソン・トンプソンのプロフィール

カタリーナ・ジョンソン・トンプソン
氏名 カタリーナ・ジョンソン・トンプソン
Katarina Johnson-Thompson
国籍 イギリス リバプール
出身 イギリス
年齢 1993年1月9日生まれ 26歳
身長 183㎝
体重 68kg
愛称 KJT

可愛らしいKJTは、イギリスでも人気のあるアスリートです。
2019年の世界陸上では、7種競技で優勝しました。

▼子供のための病院を慰問するKJT▼

病院を訪問しているKJTさんは、BBC放送のスポーツオブザイヤーにノミネートされていたということです。
可愛いカタリーナ・ジョンソン・トンプソンの画像まとめ

ダフネ・シパーズ(オランダ/単距離)

東京オリンピックが2021年の夏まで延期されると聞いたばかりです。いうまでもなく、私は今年のオリンピックを楽しみにしていましたし、今の体調は良いです。ですが今、私達はもっと大きな全体像を見てコロナウィルスに勝つために、何であれできることをしなくてはなりません。最善の結果が訪れるよう希望し、2021年に今年以上に祝福できるようにしましょう。xxx

xxxは、キスを表していて、「沢山の愛を送ります」というような意味がありメールの最後によく使われます。

なんて前向きなメッセージでしょう!

ダフネ・シパーズのプロフィール

ダフネ・シパーズ
国  オランダ代表
年齢 1992年6月15日生まれ 27歳
出身 オランダ ユトレヒト
身長 179㎝
体重 63kg

ダフネ・シパーズは、日本でいえば国民栄誉賞を受賞したアスリートのような人気があります。

ダフネ・シパーズの主な成績
2009年 17歳 【ヨーロッパジュニア選手権】七種競技4位
2013年 21歳 【ヨーロッパ23歳以下陸上競技選手権大会】100m優勝、走り幅跳び3位【世界選手権】7種競技3位
2014年 22歳 【ヨーロッパ選手権】100m1位、200m1位(オランダ新記録)
2015年 23歳 【世界選手権】100m2位(オランダ新記録)、200m1位(ヨーロッパ新記録)
2016年 24歳 【リオオリンピック】100m5位、200m2位、4×100mリレー8位
2017年 25歳 【世界選手権】100m3位、200m1位、4×100mリレー8位
2018年 26歳 【世界選手権】100m3位、200m2位、4×100mリレー2位
2019年の世界陸上では、100メートルの決勝に残ったものの準決勝のスタートとの肉離れの影響で棄権。200メートルも棄権しました。

▼菩薩っぽい印象なんだなぁ。。。▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dafne Schippers(@dafne_schippers)がシェアした投稿

ダフネ・シパーズは料理が上手で料理本の出版もしていますよ。

ダフネの見ごたえのあるインスタ画像まとめ

ディナ・アッシャー・スミス(英/単距離)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Tokyo2021 ♥️ ⁣ Same 🔥, new dates. ⁣ Stay at home and stay safe everyone xxx

Dina(@dinaashersmith)がシェアした投稿 –

新しい日程も同じ(情熱)。皆さん、家に居て安全でいてください。xxx

ディナ・アッシャースミスのプロフィール

プロフィール
国  イギリス代表
年齢 1995年生まれ 23歳
出身 イギリス ロンドン
身長 164㎝
体重 58kg
ディナ・アッシャースミスの主な成績
2016年 20歳 ヨーロッパ陸上競技選手権大会:200m、優勝
2016年 20歳 リオオリンピック:4×100mリレー 2位
2017年 21歳 世界選手権:4×100mリレー 2位
2013年 22歳 世界選手権:4×100mリレー 3位
2018年 23歳 コンチネンタルカップ:100m 、4×100mリレー 2位
2018年 23歳 ヨーロッパ陸上競技選手権大会:100m、200m、4×100mリレー 優勝
2019年 24歳 世界陸上 100m 2位 200m 優勝
ディナ・アッシャー・スミスは、モデルの仕事もしています。ファッションリーダーの一人でもあるディナ・アッシャー・スミスをモデルにしたバービー人形が2020年3月に発売されました。

ディナ・アッシャー・スミスのモデルの仕事って?


自分をモデルにしたバービー人形が細かいところまでつくりまれていることに驚いて、制作チームに深い感謝を表しています。人形はトロフィーの棚に飾ると、とても喜んでいる様子が伝わってきます。

ユリア・レフチェンコ(ウクライナ/走高跳)

この投稿をInstagramで見る

 

Зараз як ніколи, ми одна команда. Now more than ever, we are one team. 💪🏼 #playinside #playfortheworld #justdoit

Yuliia Levchenko(@levchenkou)がシェアした投稿 –

私たちは今、かつてないほどのワンチーム

コロナとの闘いへのエールですが、このフレーズは多くのアスリートがインスタやツイッターに投稿しています。

ユリア・レフチェンコのプロフィール

プロフィール
levchenkou
  ウクライナ代表
年齢 1977年11月28日生まれ 21歳
出身 ウクライナ
身長 179㎝
体重 59kg
ユリア・レフチェンコの主な成績
2013年 15歳 【ユース世界選手権】13位
2014年 16歳 【ユースオリンピック】1位、1位
2015年 17歳 【世界陸上】24位・予選敗退
2016年 18歳 【リオオリンピック】19位・予選敗退
【ジュニア世界選手権】3位
2017年 19歳 【世界陸上】2位(2m01)自己ベスト
2018年 20歳 【ヨーロッパ選手権】9位
2019年 21歳 【世界陸上】9位

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuliia Levchenko(@levchenkou)がシェアした投稿

このメッセージは、ナイキが投稿したもので、他のアスリートも投稿に使っています。ユリア・レフチェンコは元々SNSでは文章より写真投稿が多いです。

ユリア・レフチェンコが投稿した美人画像まとめ
ヤロスラワ・マフチク(走高跳/19歳)もウクライナ出身

<ナイキのメッセージについて>
「もしあなたが世界中の人々のためにプレーすることを夢見ていたならば今がチャンス、室内に居ながら世界のためにプレーしましょう」というような意味ですね。どういうことかわかりづらいのですが、このメッセージを受けて、長友選手など多くのアスリートが室内で運動する様子を動画配信しています。

つまり、オリンピック云々以前にコロナを広げないために、ワールドクラスのアスリートであっても外には出ずに、許される室内の環境で運動しよう、そのことで世界の人を励まそうという趣旨のメッセージのようです。

 

シンドゥ・プサルラ(インド/バドミントン)

 

インドの国民へメッセージを送っています。

どうぞ安全でいてください。私たちは偉大な国民で、このとても困難時はともに闘い、COVID-19を克服しましょう。

インド国民から尊敬されているプサルラ選手なので、このような呼びかけは影響があるでしょう。

オリンピックに関するコメントもどこかでしてるのだろうとは思いますが、オリンピックより、コロナウィルスが収まってくれること、国民が安全であることを願うメッセージが強いです。

シンドゥ・プサルラの年収はなんと〇億?!

シンドゥ・プサルラのプロフィール

シンドゥ・プサルラ
氏名 シンドゥ・プサルラ(Pusarla Venkata Sindhu)
国籍 インド
出身 テランガーナ州ハイデラバード県ハイデラバード
年齢 1995年7月5日生まれ 24歳
身長 177㎝
シンドゥ・プサルラの主な成績
2010年 15歳で世界ジュニア選手権でベスト8入り
2013年 世界選手権で銅メダル
2014年 世界選手権で銅メダル
2016年 リオオリンピック 銀メダル

 

この投稿をInstagramで見る

 

sindhu pv(@pvsindhu1)がシェアした投稿

 

5人のアスリートが発信したメッセージをまとめました。

どの選手もオリンピックの延期に異議を唱えることはなく、

コロナ感染の間外出を控えている人々への励ましや、この難局を共に乗り越えようというメッセージに力を入れていました。

開催地の日本としては、ウィルス感染予防の大切さももちろん認識していますが、2020を実現できなくなった残念さや今後の対応へのことに気持ちが向いてしまいます。

他国のアスリートの発信は、パンデミックの危機を共に乗り越えることが今一番大切と実感して、オリンピックのことには触れているものが少なく、「ウィルス感染予防で家にいよう!」というメッセージが圧倒的に多いことが印象に残りました。

2021年はコロナが鎮圧し、人類の平和を実感できる盛大なスポーツの祭典が行われることを願ってやみません。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

\★ポチッとしてくれたら嬉しいです★/   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸情報へ にほんブログ村