藤井風は岡山弁と英語のバイリンガル?生い立ちや性格はどんなん?

注目のシンガー藤井風。youtubeでは岡山弁と英語で話しています。岡山にルーツがある帰国子女なのでしょうか?
この記事では、岡山弁と英語のバイリンガル?の藤井風の生い立ちや性格をまとめています。

▶▶藤井風は父もイケメン?画像と職業や教育方法は?

生まれも育ちも岡山の岡山弁ネイティブ

\里庄町場には、風さんのメッセージ入りポスターが!(役場のHPより)/

自分のことは「わし」、ラジオ番組で話している時も「なんなんじゃろう?」「お願いじゃけん」など、岡山弁そのままの風さん。

岡山県里庄町で生まれ育ち、風さんにとっては岡山弁が標準語。岡山弁で話すのは当たり前のことです。

方言を隠したがる人が多い中で、風さんは気にせず方言を使っています。

この気取りのなさが風さんの魅力の1つです。

藤井風のプロフィール

名前藤井風(ふじいかぜ)
本名同じ
年齢1997年6月14日生 23歳(2020年6月15日現在)
出身地岡山県里庄町
出身校岡山城東高校(音楽科)
兄弟4人兄弟の末っ子(姉2人、兄1人)
身長181㎝

風さんは英語が上手でルックスも日本人ばなれしていますが、ご両親ともに日本人です。

藤井風の生い立ち

出身地と兄弟構成

風さんは瀬戸内海に面した岡山県里庄町で、喫茶店を営むご両親のもと、4人兄弟の末っ子で生まれました。

4人兄弟のお名前は、陸、海、空、風。
上の2人が女の子、下の2人が男の子です。

喫茶店ではBGMがかかっているので、小さい頃から音楽のある生活を送っていたのですね。

楽器を弾き始めたのは3歳の時

風さん兄弟の音楽の才能を開花させたのは、お父さんの力が大きいです。
お父さんが、子供達にピアノ、サックス、ギターなどの楽器を教えました。

「藤井さんの4きょうだいは、優秀で音楽が得意」と近所でも評判だったそうです。
お兄さんの空さんも音楽家で、ピアノとトランペットの演奏をしています。

ところが、お父さんご自身は楽器を弾けないというのですから驚きですよね!

風さんは、ピアノのレッスンには通ったそうで、中学2年まで週1で習いに行っていました。

藤井風は父もイケメン?画像と職業や楽器&英語の教育方法を調査!

父の助言で小学生の時にyoutubeに投稿開始>

風さんはyoutubeに相当な数の演奏動画を投稿しています。
それを始めたのは、お父さんの「これからはyoutubeの時代た!」という教えによります。

お父さんの先見の明は素晴らしいです。

youtubeにアップしている曲は、クラシックやジャズ、洋楽、日本の演歌も含む歌謡曲など、驚くほど広いジャンルにわたります。

<耳コピで、曲も歌詞も再現!>

どんな曲も、ほとんど練習することなく弾けちゃうんでしょうね。

成長してからは、コピーだけでなく曲のアレンジもした多様な演奏がみられます。

もう、神!天才!です!

藤井風の出身高校は進学校の音楽科

高校は岡山県立城東高校です。
里庄町からは通学に1時間以上かかる東岡山にあります。

入学時の偏差値は岡山県の県立高校では2位の高さ。国立大学に何十人も進学します。

公立では珍しく専門的に音楽が学べる音楽科があります。
練習環境が整っていて、東京藝術大学や私立の一流音大に合格者を出しています!
音楽科の定員は25名で、風さんは音楽科に在籍しました。

<高校時代はyoutubeを封印>

城東高校は、楽しく充実した学校生活が送れると卒業生の満足度が高い学校です。

風さんも、楽しい高校生活を過ごしたのだろうと思いますが、在学中はyoutubeを封印していました。
公式サイトによると「音楽漬けの日々を送っていた」と理由が出ています。

学校の音楽活動や部活などに夢中だったのでしょう。
高校生活が垣間見えるツイートがありました。

高校卒業4年後に活動拠点を東京に移す

高校卒業後は、youtubeの投稿が絶好調でした。
新旧のJ-POPを中心に、沢山のカバーやアレンジを投稿し、登録者を順調に増やしました。

メジャーになるきっかけを作ったのは、youtubeですね。
お父さん、凄い!

そして、2019年に拠点を東京に移し、スター街道のばく進が始まります。

岡山弁をメロディに乗せて曲作り

2019年の年末には、自作曲1曲とカバー曲3曲を収録したEPを2作配信しました。

このオリジナル曲が『なんなんw』と『もうええわ』です。
両曲ともに、もろ岡山弁ですね。

「なんなん」は、風さんの口癖です。

「なんなん」を歌詞にしようと決めてとりかかったので、「なんなん」のしばりが強くて苦労したそうです。
でも、ひとたび書き始めたら「スッススッス」と書けたというのだから、すごいですね!

曲の出だしが、いきなり
「あんたのその歯にはさがった青さ粉に」です。

岡山弁だという以上に、言ってることが「えっ?!」です。

でも、「わかる~わっ、それ!」って話ですよね、これ。

お分かりだと思いますが、標準語にすると
「あんたの歯にはさまった青のりに」ですね。

『もうええわ』では、「泣くくらいじゃったら笑ったるわ」と、岡山弁の決め台詞がかっこいいですね。

英語の発音が抜群なのは耳コピの成果?!

幼少の頃から英語の歌を耳コピ

風さんは、赤ちゃんの頃から英語の歌のシャワーを浴びていたと思われます。
英語の発音の良さは、まだ耳が柔らかい幼少の頃からネイティブの歌を耳コピしたことで育てられたのでしょう。

家族が英語に堪能であったとしても、ネイティブでない人の発音が間に入ると、発音のコピーにブレが出てしまいます。
英語の歌はネイティブの歌をそのままマネしたのが、功を奏しています。

音楽を楽しみながら自然に英語も身に付いたのです。素晴らしい!

更に、耳から入った英単語やフレーズは脳に刻まれ、それが脳内で繋がり文章となります。
学校の英語の勉強が脳内に蓄積したものを繋げたり発展させる役割を果たしています。

風さんは、「好きこそものの上手なれ」と言っていて、英語で歌を歌うのが小さい頃から楽しかったのですね。
英語が好きになったことで、もっと話せるようになりたい、もっと歌の意味を解りたいという欲も出たでしょう。

my English is a mess! but I’ll try

風さんの発音と単語力は、youtubeを見たネイティブの人達から太鼓判を押されていますが、それで満足はしていません。

風さんは、英語を上達させるために、インスタのコメントを英語で書いています。
インスタの初回投稿に書いてあったのが
”I’ll use English on Instagram cause I wanna improve my English writing skill :)-中略-my English is a mess! but I’ll try;)”
です。
「英語のライティングスキルを上げたいから、インスタグラムは英語で書くことにしたよ。英語はめちゃめちゃだけどやってみる!」みたいな感じですね。岡山弁じゃないけど。。。

前向きですね!

英語でインタビューに応えたり、海外のステージで英語でMCをする風さんをイメージすると、こちらまでワクワクします!

世界にはばたけ!
(う~ん、遠くの存在になっちゃいそうでちょっと寂しいけど。。。)

藤井風の性格は没頭型でお茶目

youtubeやツイッターで垣間見える風さんのキャラクターはとても魅力的なのです。

SNSから受けた印象をまとめてご紹介します。

好きなことに没頭するタイプ

「好きこそものの上手なれ」を地で行く風さん。
好きなことに熱中できるのは、すごい強みだと思います!
音楽と英語、どちらも大好きですね。

ユーモアがあり人を楽しませたいタイプ

風さんは、人を楽しませることが大好きです!

youtubeの映像は、見る人を楽しませるアイディア満載!
色々考えて工夫をしているところが、とてもお茶目です。

ちょっとした変装、力の入った変装、演奏後のワンアクションなど、楽しいです!

気取らずありのまま

風さんは、結構奥手です。
映画館で映画を見たのも、マックシェイクを飲んだのも20歳を過ぎてからです。

それをツイッターで報告。
気取ったり、見栄を張ったりせずありのままです。


「地元が大好きだから」と言うのもありますが、岡山弁を隠さないのも気取らずありのままの現れではないでしょうか。

これからの活躍が超楽しみ

日本ではもちろん、海外でもこれからもっとヒットすると思います。

岡山から全国へ、そして世界へ!

海外のステージで熱狂的なファンに迎えられる日は近いと思います。
英語のMCにちょこちょこ岡山弁を入れて、海外で流行らせてほしいです。

応援しています!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▶▶藤井風は父もイケメン?画像と職業や教育方法は?