井口理がNHKの東日本震災ドキュメンタリー番組でナレーションを担当!オファーが来た理由は?

キングヌーのボーカル、井口理さんが2020年3月22日(日)午前6時10分からNHK総合のドキュメンタリー番組「目撃!にっぽん」でナレーションを担当します。この記事では、この番組についてや、井口さんのナレーション歴と、このオファーが来た理由を推察しまとめています。
関連記事
▶▶キングヌーのmステ1回目登場やその後の出演シーンを動画でチェック!
▶▶キングヌーがデビューたった半年で情熱大陸に登場した理由は!
▶▶井口理(キングヌー)のラジオが面白い!身長と役者の過去とメガネのブランドは?

番組は「目撃!にっぽん 待ちわびた帰り~震災9年 身元不明者を捜して~」

「目撃!にっぽん」について

井口理さんがナレーションをする「目撃!にっぽん」
🎤チャンネル:NHK総合
🎤放送日時:2020年3月22日(日)朝6:10~6:45
🎤再放送:2020年3月27日(金) 午後2:05~2:40 再放送!

「目撃!にっぽん」は、NHK総合で毎週日曜の朝、6:10 – 6:45に全国放送されるドキュメンタリー番組です。(再放送あり)

日本各地で起きている様々な問題や、時の人などを紹介し、各地域の実情を広く全国の視聴者に訴えていく役割を担っています。

2017年4月に放送が開始されましたが、それ以前は、前身番組の「目撃!日本列島」が2010年から放送されていました。

井口理ナレーション担当の「待ちわびた帰り~震災9年 身元者を捜して~」の回について


2020年3月22日の放送は、東日本大震災から9年経った今、帰らぬ家族の亡骸を探し求める家族がいる一方、発見されたものの身元がわからない遺体があります。

それらの家族と、遺体の身元捜索に奔走する宮城県警身元・行方不明者捜査班の姿を追います。

「目撃!にっぽん」放送前の反響/期待の声

井口さんが震災関連のドキュメンタリーのナレーションをすると知った方達からの反響が大きかったです。

「目撃!にっぽん」放送後の反響

再放送:3月27日(金) 午後2:05~ NHK総合

放送後の反響は、井口さんのナレーションの感想を超えて、番組内容に触れたものが多かったです。

井口さんのナレーションをきっかけに番組を見た人達が、番組に引き込まれていました。

震災のこと、家族の愛、思いを込めて職務を遂行する姿など、涙しながら見たという声が多かったです。

井口理のナレーション歴

井口さんは、今回のナレーションが3回目です。

初ナレーションはNHKのドキュメンタリー

井口さんが初めてナレーションをした時のツイートです。


NHKのドキュメンタリー番組「ひとモノガタリ~ダウンタウンになれなかった男~」(2019年7月15日放送)でした。

初ナレーションの番組後の反響

井口さんの初ナレーションを楽しみにしていたファンに好評でした。

2回目は報道ステーション


テレビ朝日の報道ステーションで2回目のナレーションをしたのは、阪神大震災25周年の前日でした。

番組内の1コーナーで、震災後に用意された「震災ポスト」に手紙を託した被災者を追うドキュメンタリーでした。

放送前から、ぜひ見たいというツイートが見られました。

被災した方・そうでない方、阪神大震災の記憶がある方・ない方など、あらゆる立場の方が放送に関心を示していました。

番組の内容、井口さんのナレーションの両方が、関心を集めていました。

番組動画:https://www.youtube.com/watch?v=96ob7aYS2JM

報道ステーション放送前後の反響

井口さんの声も番組の内容も印象に残ったという感想が多かったです。

今回NHKからオファーが来た理由を推察する

ナレーションのクオリティは必要条件だと思われますので、その評価が条件をクリアしたということですね。

注目したいのは、報道ステーションの放送後の視聴者の反響です。

多くの若者が、井口さんのナレーションをきっかけにこの組を番見たり、番組を見て感銘を受けていました。

月日が経つにつれ、阪神大震災も東日本大震災も人々の記憶が薄れていったり、震災後に物心がついた若者が大人になっていきます。

制作サイドとしては、少しでも多くの若い人達に見てもらえる人選をしたのではないでしょうか。

井口理にとってナレーションの仕事の意味

井口さんは、歌手にとどまることなく、役者、ナレーターと色々な活動をしています。

表現をすることが好きで、表現者でいたいと思っているのではないでしょうか。

ところで、井口さんが、以前ラジオで子供の頃にお父さんが本の読み聞かせをしてくれた話をしていました。

お父さんは、登場人物ごとに声を変えて読んでくれて、とても楽しかったと話していました。

その思い出が、表現をしたいという気持ちの原点になっているのではないでしょうか。

井口さんは、音楽活動にプラスして、役者やナレーターとしても益々活躍の場を広げていくように思います。

とても楽しみです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事
▶▶キングヌーのmステ1回目登場やその後の出演シーンを動画でチェック!
▶▶キングヌーがデビューたった半年で情熱大陸に登場した理由は!
▶▶井口理(キングヌー)のラジオが面白い!身長と役者の過去とメガネのブランドは?