藤井風は父もイケメン?画像と職業や楽器&英語の教育方法を調査!

大注目のシンガーソングライターの藤井風イケメンで長身、父親もイケメンらしいです。
この記事では、親子の画像と父の職業、教育方法などをまとめています。

藤井風のプロフィール

名前藤井風(ふじいかぜ)
本名同じ
年齢1997年6月14日生まれ
出身地岡山県里庄町
出身校岡山城東高校(音楽科)
兄弟4人兄弟の末っ子(兄1人、姉2人)
身長181㎝

兄弟は陸海空

風さんは、4人兄弟の末っ子です。
4人のお名前に特徴があります。

陸さん、海さん、空さん、そして風さん。

陸海空って自衛隊みたいでもありますが、風さんから感じる藤井家のイメージは平和でナチュラルです。

実家は瀬戸内海に面した岡山県里庄町

風さんは、岡山県里庄町(さとしょうまち)で育ちました。

ご両親は、この里庄町でずっと喫茶店を営んでいます。

観光地ではないので、地元の方が主なお客さんですね。

下の画像は、風さんがご実家の喫茶店を撮影場所にして動画配信したもののショットです。

ジャズが似合いそうなお店ですよね~。


https://twitter.com/FujiiKaze/status/1065908549031624704

藤井風は父もイケメン?画像を調査!

藤井風の父は田中要次似?

上の写真は2020年のお正月の写真ですね。
ちょっとふざけた決め顔のお父さん。

ドラマ「ヒーロー」でバーテンダー役の田中要次さんをう~んと優しくした感じです。

風さんより背が低いですが、風さんが181cmもあるので、お父さんも小柄ではないですね。

手前がお母さんですが、お母さんも美人ですね。

この親子さん、肩の力が抜けているのがすごく魅力的です!
イケメン親子だわぁ。

ツイッターを見たファンのリツイートは、
・お父さん、決まってる!
・3人ともとてもいい笑顔
・素敵な親子。よいお正月を!
など、風さん一家を見守る温かい声でいっぱいでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

My father is cute like E.T. うちのおとんE.T.みたいで可愛い.

Fujii Kaze(@fujiikaze)がシェアした投稿 –

父のインスタ画像がほほえましい

風さんにお茶を持ってきたお父さんが、撮影しているのに気づいて、「あっ」と笑みをこぼしながらそのままバックしています。

まるでコントみたいっ!ほほえましい!

喫茶店のマスターとは言え、息子が演奏している部屋にお茶を持ってきてくれるなんて、素敵!

楽器が弾けないお父さんの音楽教育法とは?

風さんの公式サイトによると、風さんに楽器を教えたのはお父さんだそうです。

3歳の頃からピアノやサックスを教えていたということです。
驚くべきはお父さんは楽器を弾けない
という話。

一体どんな方法で教えたのでしょうか?
興味ありますよね!

藤井風の天才的な楽器演奏

風さんは小学校高学年の頃には、耳コピでクラッシックもポップスも弾きこなしました。

音感とテクニックの両方が抜群に優れているのです。

指がすらっと長いのも、ピアノの演奏には有利です。

もう、天才ですね。

13歳と思われる時の演奏です。

この風さんの天才ぶりから察すると、お父さんが楽器の基本を教えれば、あとは風さんが自然に耳コピで演奏できるようになったのでは?と思われます。

最大の音楽教授方法は、素敵な音楽を沢山お子さん達に聴かせることだったのではないでしょうか。

お店や家でご両親が好きな音楽を流し、お子さん達は音楽のシャワーを浴びて育ったと思われます。

風さんが9歳の時の動画を上げたツイッターがありました。
風さんのあどけない顔が可愛いですね!

そして、歯を磨いている最中、流れているBGMがめっちゃアダルト!

幼い頃から様々な音楽のシャワーを浴びながら育ったことがわかります!

風さんの顔を見るだけでなく、BGMに耳を澄ませて下さいね。

藤井風の楽器歴

お父さんはサックスも教えたということです。

お姉さんは高校生の時には吹奏楽をやっていました。
お兄さんの空さんは、トランペットとピアノの奏者になりました。

2人も音楽のプロになるとは、すごいです!

きっとピアノが大好きなようですね。管楽器だと歌が歌えないのでピアノの方が良かったというのもあるかもしれません。

風さんの子供の頃からのyoutube動画には複数の鍵盤楽器が登場します。

12歳の頃、弾いていたのはエレクトーン
場所は喫茶店です。
お店に最初はエレクトーンがあり、その後ピアノに替えたのだと思われます。

そして、ご自宅に電子ピアノがあるようです。
(アップライトピアノのかもしれません)

いずれにせよ、このピアノをずっと愛用していました。

これ以外に、キーボードも持っていましたね。

お家に兄弟4人が演奏する楽器があったとしたら、お金もかかっていますね~。

風さんが東京に来てからは、新しい電子ピアノとキーボードを使用しています。

英語も教えたスーパーお父さん


風さんは、英語をとても上手に話します。

この英語もお父さんに教わっていたというのですから、スーパーお父さんですね。

でも、楽器を弾けないのに楽器を教えたように、お父さんは英語を話せないのに風さんに英語を教えた可能性もあると思いませんか?
お父さんの世代で英語を流暢に話す方は少ないのが実情です。

真偽はわかりませんが、お父さんも英語の歌が好きで、CDなどを聞かせながら歌詞の意味やフレーズを教えた可能性が考えられます。

というのは、風さんの素晴らしい英語の発音は、日本人から習ったものではなく、ネイティブ仕込みと思われる素晴らしさだからです。

子供の頃から英語の歌を沢山聴いたり耳コピで歌ったことが、ネイティブっぽい発音の習得に繋がっているのは確かです。

スピーキングも覚えた歌詞が基本になり、それを習った単語や文法で繋ぎ合わせて話せるようになったと思われます。

藤井風の高校は地元進学校の音楽科

風さんは、県立岡山城東高校の音楽科に進学しています。

この高校は、県内で指折りの進学校です。

音楽科からは国立の東京芸術大学や私立の有名音大に進学者を出しています。

ハイレベルな高校への進学も、お父さんの教育の賜物でしょう。

とは言え、ハイレベルの音楽高校を受験するとなると、ピアノの先生につくのが一般的です。

風さんも、小学校に入ってからは、ピアノの先生のレッスンを受けたそうです。

風さんは、高校卒業後、大学には進学せず音楽のプロの道へ進んでいます。

藤井風のお父さんの教育はここが素晴らしい!

風さんは、お父さんを「自分にとって先生のような人」とも「変わっている人」とも言っています。

楽器や英語だけなく風さんに「これからはyoutubeの時代だ」と教えてくれたのもお父さんでした。

風さんのお父さんは、子供に何かを押し付けるのではなく、関心を持たせたり、好きなことに取り組み楽しむことを身に着けさせたのが、素晴らしい!と思います。

風さんは、お父さんの変わっている所も含めて、感謝とリスペクトを感じているでしょう!

素晴らしいです!

 

風さんがSNSにあげた映像を見るだけで、家族の愛情に包まれ幸せに育った人だということが伝わってきます。

ご両親の喫茶店に行って、コーヒーを入れてもらいながら、4人のお子さん達のことや、どんな教育をしたのか聞いてみたいものです。

お子さん達が小さい時に、どんな音楽を普段聞いていたのかも興味津々。

藤井風さん、これからも素敵な曲を私達に届け続けて下さい!
どの曲も大好きなので、楽しみです!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。